先人の研究の積み重ねから知る、光学の歴史と役割

>

一番身近なミステリー、光の謎を解き明かす

この記事をシェアする

紀元前からの疑問、それは何なのか

私たちは光に照らされることで身の回りに色が付いていることを知る事ができます。
人類は光とは何なのか、その疑問を紀元前の昔からいだいてきました。
光を観察すると、「光は直進する」という性質と「鏡などに当たると反射する」という性質に気づくと思います。
そして中学校の理科では「入射角と反射角は等しい」という反射の法則を習います。
私たちは日常生活の体験からも、こういった法則をなんとなく知っていますが、紀元前の人々も、光が直進することや反射の法則を理解していました。
こういった光の性質を筋道立てて述べ、書物として編集し世に残したのが、紀元前330年から275年頃の数学者、ユークリッドが最初だと言われています。
彼は数学史上最も重要な著作の1つ「原論」の著者であり、幾何学の父と称されますが、光学についても著述を残したとされています。

眼で見て、手で触れるところから

光学は古代ギリシアでは数学の一分野だったため、数学・天文学者だったユークリッドによる、カトプトリカ(反射視学)という光学の書物が残っています。
この著書の中では、鏡像についての数学的理論、特に平面鏡や球面の凹面鏡の上に形成される像について、また凸面鏡に反射された光の道筋を描写した図や、凹面鏡で太陽の光を一カ所に集めて物を燃やす考察、などが載っています。
他にも、視学という意味のオプティカという書物も残しています。
この書物は透視図法についての著作であり「眼で物体が見えるのは、『眼から出た放射物』というものが物に届くからだ」というプラトン学派の説を受け継いでいます。
ユークリッドは、手をのばして物にふれた時の感覚を手がかりにして、考察したと言われています。
まだその頃は「光」と「眼でものを見ること」の違いが、よくわかっていない事がわかります。